私的メモ

【アニメ上映】地下鉄に乗るっ

京都市交通局の「地下鉄に乗るっ」のショートムービーが京都シネマで上映されているのを知り、さっそく観てきました。

地下鉄に乗るっ アニメ劇場上映
http://gyorai.net/cinema/

アニメ制作にあたり、クラウドファンディングで100万円を募ったところ、1000万円集まったというだけあって、映像のクオリティは高いものがありました。10分程度のショートムービーなのでストーリーは掘り下げられていませんが、普段から京都市営地下鉄を利用している人であれば、とても関心できる内容となっていると思われます。

「地下鉄に乗るっ」は、ライトノベルにもなっているようなので、ストーリーを楽しみたい方は、ライトノベルを読み進めるのが良いかもしれません。


「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~ (講談社ラノベ文庫)


「地下鉄に乗るっ」シリーズ京・ガールズデイズ 1 -太秦萌の九十九戯曲- 講談社ラノベ文庫 / 幹(Book) 【文庫】


「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ2 ~太秦萌の九十九戯曲~ (講談社ラノベ文庫)


「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ 2 太秦萌の九十九戯曲 講談社ラノベ文庫 / 幹(Book) 【文庫】

明日、1月5日(金)が最終上映となっています。明日なんて間に合わない、無理だ! という方は、youtubeに「地下鉄に乗るっ」の動画がUPされていますので(京都シネマで上映されているアニメとは異なる内容)、そちらを視聴されるのは如何でしょうか?

京都シネマでフォロワーさんと遭遇。

地下鉄に乗るっーGet on Kyoto City Subwayー
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000215552.html

2018年元旦

2018年の元旦は、COMEDYで過ごしました。カウントダウンには間に合わなかったけれど、年が変わって少し経ったくらいに終夜運転をしている地下鉄でCOMEDYに到着。朝まで持ち込んだゲームなどをプレイしました。

明け方近くに、COMEDY近くの春日神社に参拝し、クジを引くと大吉。

藤森に戻った頃合いには東の空が明るくなっていました。

スーパーカップのティラミス味

先日、twitterで話題になっているスーパーカップのティラミス味を食べました。高級枠のアイス(スーパーカップ的に)なだけあって、お値段相当の美味しさ! これが100円だったら、リピートしまくりなんだけどなぁ~

ボドゲプレイヤーがこの年末年始に評価すべき2つのこと

◆ゲームマーケット2017秋新作評価アンケート

12月2日から3日にかけてゲームマーケット2017秋が行われ非常に多くの新作ボードゲームが発表されました。現在、それらを評価するアンケートが実施されています。

プレイしたゲームを5段階で評価し、評価の結果はランキングとして順位付けされます。評価数の少ないゲームは、評価が高かったとしても足切りされてランキングに載りませんので、ボードゲーマーの皆さんの評価アンケートへの協力がとても必要です。評価には、googleアカウントがいります。締め切りは 2018年1月15日(月)23:59となっています。

新作評価アンケートに関して、詳しくはゲームマーケットの案内をご確認ください。

◆日本ボードゲーム大賞2017 投票部門

2016年10月~2017年9月に一般発売された主な新作で、拡張・リメイク・シリーズ・2018年度の新作を除く作品の中から、プレイして面白かった作品を5つ選んで投票します。単に5つ選ぶだけでなく、1位から5位を順位付けし、順位が高いほど評価のポイントが高く入ります。

投票の結果大賞を受賞した作品は、非営利活動法人「ゆうもあ」のサイトに掲載されます。ちなみに、過去の大賞受賞作品としては、2016年:コンプレット、2015年:ミステリウム日本語版、2014年:宝石の煌き、2013年:ツォルキン マヤ神聖歴、2012年:ラブレター、2011年:世界の七不思議、2010年:キャットアンドチョコレート、2009年:ドミニオン、2008年:魔法にかかったみたい となっています。

評価するゲームはリストから選択するようになっているのですが、リストに掲載されていない作品であっても、「数字999+タイトル」で評価にカウントしてくれます。締め切りは 2018年2月13日(火)となっています。

日本ボードゲーム大賞2017投票部門に関して、詳しくは「日本ボードゲーム大賞2017 投票へのお願い」をご確認ください。

ライスダイスにおける勝利点の表記につきまして

現在、2018年最初の作品となる「ライスダイス」の準備を進めています。で、カードの丁合時に気づきました。下のチーズハンバーグのカードの表面と裏面の画像、あることに気づきませんでしょうか?

カードの右上に勝利点が記載されているのですが、裏面が「VP(ビクトリーポイント)」となっているのに対し、表面は「PV」となっているのですよね。PV???

私の作業指示のミスによって、PVと印刷されてしまいました。今の今まで気づかなかった…!! 作業指示のテキストをコピペで入力したがため、間違った内容のコピペの影響により、全てのカードの表面がPV!! あまりに作業指示が奇麗だったので、「PVなる用語があるのだろうか」と受け止められ、作業指示に忠実にレイアウト処理が施されました。

でも、無問題です!!
PVは「ビックアップバリュー」という解釈にします!!

裏面は「VP(ビクトリーポイント)」、表面は「PV(ピックアップバリュー)」、どちらもこのゲームにおける勝利点です!! 裏と表で勝利点の表記もリバース! 美しい!!

ゲームマーケット2017秋を終えて

ゲームマーケット2017秋に、トイドロップとして参加しました。
ゲームマーケット初の2日間開催。2日間とも出展しました。

トイドロップの売り上げは.. 低かったですね。全体的にあまり売れなかった。トイドロップの作品はAmazonやヨドバシ等でいつでも手に入る状態なので、わざわざゲームマーケットで購入する必要はないということで、後回しになっているのだと思います(手に入りやすさは作品にもよりますが)。

それと、ブースのディスプレイが簡素! ブースを飾り立てるのがデフォルトになりつつあるゲームマーケットにおいて、トイドロップは未だ、机に布を敷いてゲームを平置きですから、周囲の飾られたブースにお客さんが吸い寄せられますよね。

売れない中でも、新作のひとつ「大宇宙すごろく」は売れた方で、さっき、Amazonに星5のレビューが付いたほど、遊ばれた方に好評なので、ハイテンション利休レベルまでとはいかなくとも、大宇宙すごろくは今後、売れ続ける作品になるのではないかという期待を持っています。

ハイテンション利休は.. やはり堅調に売れますね。「松永久秀トリック」もビジュアル買いしていく人が多かった。「チョコレートシーフ」はニコボドさんの500円ゲームの記事で取り上げられた影響があってか、それなりに売れていました。

ゲームマーケット2日間開催、土曜と日曜の様子を比べると、やはり事前の予測の通り、土曜の方が人出は多かったです。ゲームマーケットは即売会のイベントなのですが、これまでのゲームマーケットと比べ、「買いに来る」人より、「様子を見に来ている」人の方が多い印象を受けました。

東京でのゲームマーケットが2日間開催になって、2日間とも出展するのは、経費が跳ね上がってダイレクトに痛いのですが、私は今後も2日間開催を続けてほしいと思います。私がゲームマーケットに求めるのは「拡大」ですから。

ハイテンション利休Tシャツ

ゆめいろたんけんたい

先日、太秦にできたプレイスペース「ゆめいろたんけんたい」に行きました。
ゆめいろたんけんたい:http://www.tanosiku.net/

ゆめいろたんけんたいは、自宅を改装して若いご夫婦が運営されています。
旦那さんは保育関係の方。子供連れで楽しめるボドゲプレイスペースがあっても良いんじゃないか いや、必要だ! ということで、ゆめいろたんけんたいを開かれているようです。

親子連れ向きのプレイスペースですが、コアゲーマー向けに、プエルトリコ や ふるよに もありました。どんな雰囲気のスペースか、一度、訪れてみては? ほかのプレイスペースとは異なり、独自性に富んでいます。

【2017年11月版】京都のボドゲプレイスペース

京都のボードゲームプレイスペースについて、前回まとめたのは6月。前回の記事と比べ、いくつかの店舗がなくなり、新たにいくつかの店舗が出来た。カフェミープルは好調なようで、京都を飛びだして、福岡天神に2号店を出した。

◆ぼどげかふぇ れもん(twitter
https://cafelemon.amebaownd.com/
東福寺にある喫茶店。月~土は通常の喫茶営業、日曜のみアナログゲームが遊べるゲーム喫茶営業。利用料金は30分ごとに250円。フリーパックは1500円(1ドリンク付)。

◆ゆめいろたんけんたい(twitter
http://www.tanosiku.net/
太秦で日曜祝日のみ営業。利用料金は大人500円、子供250円。絵本スペースとボードーゲームスペースがある。保育関係の方が運営されているとのこと。

◆COMEDY(twitter
http://comedy.hacca.jp/
山ノ内にある、おひとり様から遊べるボードゲームカフェ。美味しいコーヒーと手作りパンが人気。ゆるさと安さに定評とのこと。定休日は月・火。

◆BOARD&COFFEE(twitter
http://board-coffee.com/
一条寺にあるボードゲームカフェ。利用料金は90分ごとにドリンクやフードをワンオーダー。定休日は水曜日+不定休。

◆カフェミープル(twitter
http://cafemeeple.jp/
三条六角にあるボードゲームカフェ。京都のボードゲームカフェとして老舗なほう。カフェのメニューとしてはスムージーが人気だ。定休日は木曜日。最近、福岡に2号店ができた。

◆ATTIC(twitter
http://attic.kyoto.jp/
北山に位置するゲームカフェ。明るい空間は好印象が持てる。ボードゲームだけではなく、テレビゲームもプレイ出来る。 1時間500円(フリードリンク付)。月間パスは6000円。定休日は火曜日。

◆THE GAME(twitter
http://yasagure.designers.jp/the_game/
北区御園橋にあるゲームバー。バーなので、遅い時間帯の営業となる。ボードゲームだけではなくテレビゲームも遊べる。定休日は木曜日。アクセスには市バスが便利だ。

◆イエローサブマリン京都店(twitter
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-049.htm
全国の主要都市に店舗を構える、”黄色い潜水艦”の京都店。ゲームの販売がメインという印象が強いが、店舗のスペースでプレイもできる。入居しているビルの1階はラーメンの一蘭。

◆ブリックス(twitter
http://tcg-game-bricks.com/
西院にあるゲームショップ。阪急と嵐電で行きやすい。トレーディングカードがメインの店舗なようだが、ボードゲームやTRPGも頻繁にプレイされる。定休日は火曜日。

◆祇園ループサロン(twitter
http://gionloop.com/
祇園に位置する、プレイスペースというよりは、お酒を飲むお店。もちろんボードゲームもプレイできる。お酒を飲むお店だけあって、営業時間は夜から明朝まで。