【2017年11月版】京都のボドゲプレイスペース

京都のボードゲームプレイスペースについて、前回まとめたのは6月。前回の記事と比べ、いくつかの店舗がなくなり、新たにいくつかの店舗が出来た。カフェミープルは好調なようで、京都を飛びだして、福岡天神に2号店を出した。

◆ぼどげかふぇ れもん(twitter
https://cafelemon.amebaownd.com/
東福寺にある喫茶店。月~土は通常の喫茶営業、日曜のみアナログゲームが遊べるゲーム喫茶営業。利用料金は30分ごとに250円。フリーパックは1500円(1ドリンク付)。

◆ゆめいろたんけんたい(twitter
http://www.tanosiku.net/
太秦で日曜祝日のみ営業。利用料金は大人500円、子供250円。絵本スペースとボードーゲームスペースがある。保育関係の方が運営されているとのこと。

◆COMEDY(twitter
http://comedy.hacca.jp/
山ノ内にある、おひとり様から遊べるボードゲームカフェ。美味しいコーヒーと手作りパンが人気。ゆるさと安さに定評とのこと。定休日は月・火。

◆BOARD&COFFEE(twitter
http://board-coffee.com/
一条寺にあるボードゲームカフェ。利用料金は90分ごとにドリンクやフードをワンオーダー。定休日は水曜日+不定休。

◆カフェミープル(twitter
http://cafemeeple.jp/
三条六角にあるボードゲームカフェ。京都のボードゲームカフェとして老舗なほう。カフェのメニューとしてはスムージーが人気だ。定休日は木曜日。最近、福岡に2号店ができた。

◆ATTIC(twitter
http://attic.kyoto.jp/
北山に位置するゲームカフェ。明るい空間は好印象が持てる。ボードゲームだけではなく、テレビゲームもプレイ出来る。 1時間500円(フリードリンク付)。月間パスは6000円。定休日は火曜日。

◆THE GAME(twitter
http://yasagure.designers.jp/the_game/
北区御園橋にあるゲームバー。バーなので、遅い時間帯の営業となる。ボードゲームだけではなくテレビゲームも遊べる。定休日は木曜日。アクセスには市バスが便利だ。

◆イエローサブマリン京都店(twitter
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-049.htm
全国の主要都市に店舗を構える、”黄色い潜水艦”の京都店。ゲームの販売がメインという印象が強いが、店舗のスペースでプレイもできる。入居しているビルの1階はラーメンの一蘭。

◆ブリックス(twitter
http://tcg-game-bricks.com/
西院にあるゲームショップ。阪急と嵐電で行きやすい。トレーディングカードがメインの店舗なようだが、ボードゲームやTRPGも頻繁にプレイされる。定休日は火曜日。

◆祇園ループサロン(twitter
http://gionloop.com/
祇園に位置する、プレイスペースというよりは、お酒を飲むお店。もちろんボードゲームもプレイできる。お酒を飲むお店だけあって、営業時間は夜から明朝まで。

ドロップシッピングでカタンを販売する方法

先日、「もしもドロップシッピング」というサービスに登録してみた。ドロップシッピングとは、簡単に言えばインターネットの小遣い稼ぎのひとつ。インターネットの小遣い稼ぎでとしてはアフィリエイトがよく知られるが、自由に価格を決められないアフィリエイトに対して、ドロップシッピングでは、サイトやブログの持ち主が自由に価格を決めることが出来る。

アフィリエイトがリンク先の宣伝や紹介という位置づけに対して、ドロップシッピングは自らが販売者という体裁をとる。サイトオーナーの立ち位置がアフィリエイトとは異なるので、ドロップシッピング界隈では過去にいろいろトラブルもあったようだ。

もしもドロップシッピングは、いくつかのドロップシッピングサービスの中で大手であり、トラブルが少なく、サポートが充実しており、サイトのメンテナンス(?)もらくちんなようで、ドロップシッピングを始めるにはやりやすいようだ。

もしもドロップシッピングで取り扱える商品はとても種類が多い。ボードゲームのカタンもあった!(2017年11月現在) ボードゲームのインターネットでの小遣い稼ぎとして、アマゾンや駿河屋のアフィリエイトを利用している人は多いが、もしもドロップシッピングを利用してみるのもどうだろうか?

話半分の星占いは楽しい

「占い師の言葉に振り回されてはいけない」と人に言ったことがあるけれど、占いは好きな方で、今日、「3年の星占い2018-2020 蠍座」という文庫本がAmazonから届き、一気に読み進めた。

星占いのこの手の本は、信じる/信じないは別として、読み物として面白い。雑誌などでよくある「今週のラッキーカラーは〇〇」等の浅そうな内容ではなく、ちゃんと世界観を語ってくれるところが良い。

上記の文庫本は蠍座の3年間について語っているが、鏡リュウジの「蠍座の君へ」は、ざっくりと「蠍座ってこうなんだよ」というのを詩的に語っており、時期に縛られることなく読める内容でおすすめ。

そういえばいつだったか、京橋の喫茶店で、
「11月1日生まれやで!」
「めっちゃ蠍座やな!」
という会話をしたっけ。

ゲームマーケット2017秋 注目作品

ゲームマーケット2017秋は、2017年12月2日から3日にかけて、ビックサイトで2日間にわたって開催されます。私(トイドロップ)も出展しますが、ここではトイドロップ以外のいくつかのゲームをピックアップします。

ダウトレイジ(両-B073 river games)
「命の砂時計」で評判高いriver gamesのゲムマ秋最新作。シキリトさんとバリィさん、交互に作品を出されているようで、今回はバリィさんの番。ヤクザ抗争ダウトゲーム。

グラギャモン(土-F024 ハッピーゲームズ)
ハッピーゲームズ色を前面に出し、バックギャモンを、マニアックに、そしてお洒落に仕上げたアイテム。バックギャモンは、世界中で遊ばれ、5000年の歴史を持つ。

CATAiN(土-F001 ワンナイト人狼)
「the-most-longest-unco」それは最も長いうんこ。誰よりも長いうんこ(ロンゲストうんこ)をしたプレイヤーが勝ち。ゲームの王様:カタンのパロディ。

ブタに神樹は癒されて。(両-B096 Tagami Games)
タガミゲームズは重ゲーも軽ゲーもリリースするサークルで、「ブタに神樹は癒されて。」は重ゲーの方。ルールがこちらに公開されている。作者本人が描くイラストは秀達。

ルターの宗教大改革(両-B057 聖書コレクション)
「宗教改革500周年ゲームコンテスト最優秀賞受賞作」ということで、ルターに因んだゲームを公募して、優秀だったこのゲームが、ゲムマ秋でリリースされる。

ぱんだBのふぉろーみー!!(土-H042 ぱんだB)
架空のSNS「ぱんだBetter」をテーマにした、ぱんだBさんの処女作。可愛らしいイラストには好感が持てる。「ぱんだBetter」はtwitterをイメージしていると思われる。

蟹手裏剣ヵニ(日-F017 ひなたのにほい.exe)
だらっくまさんが絶賛していた作品。夏のコミックマーケットで頒布されていた作品だが、ゲームマーケットでは初出。基本的には2人用ゲームだが、2個そろえることで4人まで遊べる。

眠らぬ金山:第二版(土-H097 推理ゲーム研究会)
私の「大宇宙すごろく」をプレイスペースに配っていた時期と「眠らぬ金山」が配られていた時期が被ったようで、いくつかのプレイスペースのtwitterには、二つ並んで撮られた写真がUPされている。眠らぬ金山は、5~10分の短時間ゲーム。

文絵のために(両-A002 ワンドロー)
ゲームの詳細は現時点では明らかにされていないのだが、ゲームマーケット公式サイトの広告が印象的だったので、ピックアップ。ラブレターのカナイセイジ作。

キツネと葡萄(土-F003 久遠堂)
久遠堂のゲムマ秋最新作。簡単ブラフパーティゲーム。イソップ童話が元ネタになっているようだ。プレイ人数は2~6人と幅広い。

デニッシュコロンが美味しくて

マンション下にあるマックスバリューで、少し前から、パンの島の目立つ位置で300円のデニッシュコロンが主張している。100円のパンが並ぶ島で、300円(300円なだけに量はお値段相当)はどんなお味なのかと気になっており、ついに購入。シンプルな甘さでとても美味しいパンでした。リピートしそう。

【私的メモ】ボドゲプレイスペースに置いているボドゲ

◆ミープル
・カルカソンヌ・アマゾン
・カルカソンヌ・スターウォーズ
・ディブルグ
・ラー
・アサラ
・ゴールドアホイ
・チューリップマニア
・サマルカンド

◆Hello
・カルカソンヌダイス

◆comedy
・電力会社
・電力会社拡張マップいろいろ
・電力会社拡張:株式上場
・ナビゲーター
・ワンナイト新郎
・ブルゴーニュ

◆YS京都
・カタンたくさん
・カタン拡張いろいろ
・ドミニオンたくさん
・ドミニオン拡張:異郷

◆明石ボードゲーム広場
・ルアーブル

他にもあったっけ?

振り回されるくらいなら振り回す方がいい

ある人との会話で、「振り回されるくらいなら振り回す方がいい」と言ったことがあって、「でも、心底好いた人になら、振り回されてもいい」と、続けた。という感じのメモを、mixiの日記に記した記憶がありまして。

スルージエイジズ

長時間ゲームをプレイする機会があまりなくて、「スルージエイジズ」もプレイできていないゲームのひとつだった。先日、スルージエイジズのプレイに誘われ、念願叶って初プレイ。1ゲーム6時間かかった。

農心の辛ラーメン

食べ物、辛いのも甘いのも好きだ。辛い物で最近食べたのは、「イカ明太」と「辛ラーメン」。どちらも業務スーパーでの購入品。

イカ明太は一般受けする辛さだと思うが、辛ラーメンは人を選ぶ。めちゃくちゃ辛い。スープを飲まずとも、麺をすするだけでスープの辛味が伝わってくる。

うまからっ!といえば辛ラーメン
https://www.nongshim.co.jp/

辛ラーメンはその辛さを取り上げられることが多いのだが、麺の方も美味しい。また、スープに入っている具も、インスタント麺にしては上質な部類だと思う。

辛ラーメン、寿命を縮めて食している。

発音から音楽的にボドゲタイトルを捉える

ボードゲームを世の中に送り出す側にとって、ボードゲームのタイトルは、できるだけ瞬間的に受け手の脳裏に刻まれてほしい。多くの制作者は、言葉そのものの意味や印象からタイトルを考えるだろう。また、DTP作業者は、フォントや色・配置等を模索してくれるだろう。もちろん、それらは重要なこと。

ここでは、それらとは異なる方向からタイトルを捉える。
それは、「音」だ。

タイトルは、言葉でできている。言葉は、視覚ではなく聴覚で受け止めるものだ。小説等は文字だから視覚で読んでいるのではないか? と思う人は多いかもしれないが、小説を読む際、多くの場合、脳内で言葉を発しながら読んでいる。耳から情報を入れているわけではないが、文字を読む際、人は、視覚から入れて聴覚で受け止める。言葉で構成されるタイトルは、聴覚で音声として受け止められる(生まれながらにして音を認識できない人は例外)。

話は飛ぶが、音楽は、「メロディ」「リズム」「ハーモニー」で構成されている。そのうち「ハーモニー」は、基本的には「明るい」と「暗い」しかない。日本語の発音を母音と子音に分解した場合、この記事において母音は、ハーモニーに当たるとしてみよう。

a:明るい印象
i:明るい印象
u:暗い印象
e:明暗の中間
o:暗い印象

(邦楽では、明るい印象を持ち、なおかつ発声しやすい「a」を歌詞のサビの頭に持ってくるのは、全てがそのようではないが、常套的だ。)

母音がハーモニーに当たるのに対して、子音はリズムに当たるとしてみよう。子音のリズムは、タイミングのリズムというより、発音的なリズムだ。濁音や半濁音は、とりわけ印象的なリズムを刻んでくれるだろう。また、子音というわけではないが、小さい「っ」等もリズムの形成に貢献してくれるだろう。

ではメロディに当たるのは何だろう。音楽のメロディは、リズムもハーモニーも含んでいる。音程が切り替わるタイミングでリズムを刻んでいるし、音程が変わっていくということは、分散和音を発しているということになる。タイトルにおけるメロディは、タイトルを発音した時の発音そのものが、相当すると言える。

明暗の対比や子音の反復などを駆使して「メロディ」「リズム」「ハーモニー」を工夫し、また、言葉の意味も織り込んで、受け手の脳裏に印象付けることができれば、良いタイトルだ。受け手が脳内で発声した時に、瞬間的に深く刻まれれば良いタイトル。

あとは、ゲームが面白くて検索に引っ掛かりやすければ。