トランプに魔力を感じていた。

ボードゲームに触れるようになって、いくつものゲームに変化するトランプに、若干の恐怖を抱いていた時期があった。

ボードゲームは、基本的には一種類のゲームに特化して作られている。一種類のゲームしか展開できない。それに対してトランプは、トランプそのものにはルールは付属しておらず、配列的なものだけで世の中に認識されている。配列的なものだけで、いくつものゲームに化ける。これは恐ろしい。

トランプさえあれば、世の中の他のゲームはいらないんじゃないか って。実際はそうでもなく、トランプで表現できないゲームは無数にあるのだけれど。

トランプは、ゲームだけでなく占いにも使用される。占いを盲目的に信じているわけではないが、魔力のようなものがトランプにはあるんじゃないか って、思えてしまう。占いに使用されるカード、トランプの他にククというカードがあり、不思議とククには怖さは感じないが。

今もずっと、トランプに怖さを感じているわけではない。怖さを感じていた時期が過去にあった。ゲームを作り続けていると、いつの間にか怖くなくなった。