北海道ボドゲ博1.0でサファイアの販売を試みた話

7月の事なんですけれども、北海道ボドゲ博1.0にトイドロップとして出展しました。

飛行機は落ちるので? 今回もフェリーで北海道まで行きました。

北海道に発つ前、確か夜中だったと思いますが、なんだか思いついてしまいました。サファイアをブースで売ろう、と。

ボードゲームと違って、宝石は嵩張らないから良いですよね。鞄に忍ばせるだけでOKです。

で、売れたかというと、サファイアはまったく売れません。

即売会の終盤に、よく他のブースと物々交換をするのですが、物々交換の材料にはなりました(笑)

インスタグラムの、美味しそうなお弁当の写真アカウント

インスタグラムに、美味しそうなお弁当の写真ばかりUPされているアカウントがありまして。

こちら @everydayobento

インスタグラムは最近ぽつぽつ使うようになってきたんですが、インスタグラムにアカウントを作っただけの時にこのアカウントを見つけて、フォローしてしまいましたね。フォローしちゃうでしょう? 美味しそうなお弁当。

実験的価格:999円

トイドロップのゲームは(トイドロップのゲームに関わらず)、「本体価格+税」が希望小売価格となっています。

これ、本体価格を切りの良い数字にするか、希望小売価格を切りの良い数字にするか、メーカーによって別れるんですよね。

例えば、メビウスゲームズのシリメツレツの場合は、1364円が本体価格で、消費税10%を加えた希望小売価格は1500円。

一方、グループSNEのロイヤルターフの場合は、3000円が本体価格で、消費税10%を加えた3300円が希望小売価格。

切りの良い数字って、端数を切るのみではなく、「999円」なんていう桁をひとつ下げるというものもあり、例えば、スパ帝国のノットマイフォルトは希望小売価格999円。

ノットマイフォルトは999円という値付けが上手くいっているよな と、個人的に思っていまして。

で、トイドロップでも試してみます。999円を。

きっと誰か裏切る」という、ぱーぷりるぷりーの廉価版を出すんですが、これの値付けを希望小売価格999円にします。

実験、どうなるでしょう。廉価版なので、あまり動かないかもしれませんが。