ドメイン取得でありがちな3つの罠

「がっつりブログに取り組もう」とか、「本腰入れてサイトを作ろう」という方は、やっぱり独自ドメインの取得を考えますよね。独自ドメインの取得は正解なんですが、取得には、うっかり陥りがちな3つの罠が潜んでいるのです!




【罠1】一年目だけの激安価格に惹き寄せられてしまう【罠度★★】

ドメイン業者のサイトを見てみると、「1円!」とか「99円!」などの激安表示があるんですが、その価格、最初の1年目だけですからね! ドメイン業者のサイトをじっくり閲覧してみてください。2年目以降の代金がちゃんと載ってますから。2年目以降の価格が、そのドメインの正味の価格なんです。

ドメインは、インターネットの住所のようなもの。最初にお高いドメインでサイトやブログを作ってしまうと、ずっと高いドメイン代を支払い続けることになります。安いドメインに差し替えられなくはないんですが、住所がまるまる差し替わることになるので、サイトやブログの強みであるアクセスの蓄積が無効になってしまいます。

ドメイン業者視点に立ってみましょう。ユーザーにドメインを取得してもらえさえすれば、サイトやブログのドメインが維持される限りずっと、ドメイン業者に、そのドメインに応じたお金がチャリンチャリン入ってきます。最初の1年目は激安価格にした方が利益になりますよね。

【罠2】日本語ドメインを取得してしまう【罠度★】

基本的には、ドメインは英数字で取得するものなのですが、日本語のドメインを取得することも出来てしまいます。日本語の方が覚えやすくて便利なのでは? と、お思いの人は、ちょっと待って! 日本語が便利なのは、日本語を読み書きする人に限られますから!

自分のサイトは日本人しか相手にしないから日本語のドメインで良いのじゃ と、お思いのあなたも、ちょっと待って! 日本語のドメインって、実は英数字に紐づけられた状態になっていて、日本語のドメインを取得したつもりが、実のところは意味不明な英数字の羅列になっちゃってるんですよ!? 

では、何故、日本語のドメインが取得できてしまうのでしょうか。それは、日本語ドメイン便利っしょ! という、単刀直入な発想があったからに違いありません。しかし今現在、特に、サイトのアクセスを気にするウェブマスターの方々の意見は、そんなことはなかったというのが大勢ではないでしょうか。

やっぱり日本語ドメインが良いんじゃ! とお思いの方もいると思います。どうぞ好みの日本語ドメインをご取得ください。まぁ、日本語ドメインの取得は、他の罠と比べれば罠度は低いですわ。

【罠3】ペナルティを喰らった中古ドメインを引き当ててしまう【罠度★★★】

もちろん、全ての中古ドメインが駄目なわけではありませんが、恐ろしいことに、運が悪ければ、googleなどからペナルティを喰らっている中古ドメインを引き当ててしまう可能性があるのです!

ペナルティを喰らっている中古ドメインを使用してしまうと、どれだけサイトのコンテンツをがんばっても、どれほどブログの更新をがんばっても、報われる日は果てしなく遠いでしょう!

そもそも中古ドメインなんて取得しないやい と、お思いのあなた、ちょっと待って! 新規のドメインを取得するつもりでも、過去にまったく同じドメイン名が使用されていたなら、それ、すなわち中古ドメインですから!

新規のドメインを取得する場合は、思いついたドメイン名をアグスネットなどで調べて、ブラックリストに載っていないことを確認してから取得するようにしましょうね。





総合通販サイトのWowma!(ワウマ)がもしもアフィリエイトでやる気ビンビンだ!

総合通販サイト「Wowma!(ワウマ)」って、どれくらい知られているんでしょうか。もしもアフィリエイトに登録してその存在を知ったんですが、自らを「後発」と言っているくらいなので、まだ広く認知されていないのではないでしょうか。キャリアがauの人には認知されているのかな?

もしもアフィリエイトに登録してから様子をうかがっているんですが、ワウマ、やる気ビンビンですね。いろいろ手を打ってくる。得単もあるらしく、ワウマの得単はハードル低い様子。成果承認期限は80日と長めです。