農心の辛ラーメン

食べ物、辛いのも甘いのも好きだ。辛い物で最近食べたのは、「イカ明太」と「辛ラーメン」。どちらも業務スーパーでの購入品。

イカ明太は一般受けする辛さだと思うが、辛ラーメンは人を選ぶ。めちゃくちゃ辛い。スープを飲まずとも、麺をすするだけでスープの辛味が伝わってくる。

うまからっ!といえば辛ラーメン
https://www.nongshim.co.jp/

辛ラーメンはその辛さを取り上げられることが多いのだが、麺の方も美味しい。また、スープに入っている具も、インスタント麺にしては上質な部類だと思う。

辛ラーメン、寿命を縮めて食している。

京都でパンを食べるなら、進々堂のパンが美味しい!

進々堂は、お気に入りのパン屋さん。外出中、ちょっと小腹が空いたときや、ちょっと贅沢な気分になりたいとき、最寄りの進々堂でパンを買ってしまうことは、割とある。全ての種類を食べつくしたというわけではないけれど、「進々堂の棚には美味しいパンしか並んでいない」と、断言できる。

志津屋も美味しいけれど、地下鉄の駅に志津屋の店舗が多く見られるようになってからは、品質替わったかな? と思えてしまって、今は進々堂のウェイトが私の中で大きい。

進々堂や志津屋以外にも美味しいパン屋さんはあるんですよ? でも、それらを差し置いて、進々堂は抜きんでている。京都に観光に来られる人には、進々堂のパンを食べてみるのを、私はお勧めします。

夏が過ぎて冬を迎える

寒暖の変化激しく、またたく間に冬に向かっている。秋なんて瞬間だ。先日から暖房をつけ始め、パジャマも冬仕様にした。

季節の境界はいつも、衣類の入れ替えに悩む。昨年の冬に着ていた服は何処だっけ。部屋の何処かにあるはずだ。「悩む」というより、探すのが面倒なだけかも。衣類にはあまりお金をかけていない。他の事より無頓着な方だと思う。他の事より無頓着なだけに、衣類の入れ替えに直面すると「めんどくさいな」と、なってしまう。

エスカレーターの東西、観光客に侵略されゆく京都。

エスカレーターで歩く行為は、エスカレーターの寿命を縮めたり、事故に繋がったりするということで、最近、「エスカレーターで歩くのはダメ」というアナウンスがされ始めている。「歩かないのがエスカレーターのマナーです」という感じで。

これまでのエスカレーターのマナーは、片側が歩かない人、もう片側が歩く人、という流れを作ることだった。東京では左側に立って右側を開ける、大阪では右側に立って左側を開ける、という感じで。東と西で、左右が逆なのだ。

数カ月前にtwitterのフォロワーさんが「エスカレーターの東西の境界はどこ?」というツイートをされていたので、「京都は混在している」というリプを送った。しかし、改めて観察してみると、京都はひょっとしたら、エスカレーターに関して東京派なのかもしれない。

5年前、いや10年前の京都は、混在していたと思う。その時の場の状況に応じて右にも左にも立っていた。今もそうだ。だが、改めて意識してみると、現在は、左に立って右を歩くことの方が多いことに気づいた。また、場所によって左右の割合が異なることにも気づいた。

京都駅においては、ほとんどの場合、左側に立って右側を開ける東京乗り。北大路でも東京乗りをすることが多いのだが、右側に立って左側を開ける大阪乗りをする可能性が京都駅よりも若干高い。

「京都は混在している」とフォロワーさんに伝えたときに、「観光客が多いから混在しているのではないか」という仮説も伝えたが、観光客の比率の多い場所の方が東京乗りをする可能性がとても高いので、やはりこの仮説は正しいかもしれない。

マックスバリュー藤森店におけるミルクティーの品揃え

下のスーパーで、紙パックのミルクティーをよく購入する。以前はトップバリュとリプトンの二種類が陳列されていたのだが、現在はリプトンしかない。

トップバリュとリプトン、味の違いは私にはわからなかった。まったくと言ってよいほど同じ味。リプトンの容量が900mlであるのに対して、トップバリュの容量は1000ml。価格は同じだったので、トップバリュの方が若干お得。私は当然トップバリュを選択していた。

トップバリュのサイトを見てみると、トップバリュのミルクティは現役商品のようだ。

トップバリュ ミルクティー
https://www.topvalu.net/items/detail/4902121416912/

商品ページには「一部取り扱いのない店舗がございます」との記載がある。マックスバリュー藤森店、現在は「一部取り扱いのない店舗がございます」に該当。残念。お得ではない方のリプトンを買い続けるしかないのか。。。

復活してくれ~

自動改札が壁になる

私は、イコカやピタパ等の交通系ICカードを持っていない。便利なのはわかる。便利すぎて、お金がじゃんじゃん漏れていくんじゃないかと思えて、持っていない。電車移動は、基本的には切符と決めている。切符は、いくら交通費を使ったかが感覚的にわかりやすい。

切符で電車に乗ると、駅から出る時、ICカードでしか通れない自動改札があり、不便なことがある。切符で通れる自動改札も設置されているので、改札から出られないということは無いのだが。

不便なのは、わりと大きめの駅で、ICカードでしか通れない自動改札が複数設置されているパターン。ICカード専用の自動改札に差し掛かると、切符では通れないので、横の自動改札に向かう。すると、また切符で通れない というのが続く。ICカードを持たない私は、切符で通れる自動改札にたどりつくまで、改札口を横移動しないといけない。

ICカード専用の自動改札、私は不便だし、ICカード専用自動改札に横移動させられると、その場の他の人の流れも乱れる。この強要的なICカードの普及策(?)は、なんとかしていただきたい。

トランプに魔力を感じていた。

ボードゲームに触れるようになって、いくつものゲームに変化するトランプに、若干の恐怖を抱いていた時期があった。

ボードゲームは、基本的には一種類のゲームに特化して作られている。一種類のゲームしか展開できない。それに対してトランプは、トランプそのものにはルールは付属しておらず、配列的なものだけで世の中に認識されている。配列的なものだけで、いくつものゲームに化ける。これは恐ろしい。

トランプさえあれば、世の中の他のゲームはいらないんじゃないか って。実際はそうでもなく、トランプで表現できないゲームは無数にあるのだけれど。

トランプは、ゲームだけでなく占いにも使用される。占いを盲目的に信じているわけではないが、魔力のようなものがトランプにはあるんじゃないか って、思えてしまう。占いに使用されるカード、トランプの他にククというカードがあり、不思議とククには怖さは感じないが。

今もずっと、トランプに怖さを感じているわけではない。怖さを感じていた時期が過去にあった。ゲームを作り続けていると、いつの間にか怖くなくなった。

バナナの扱い

下のスーパーで買ってくるバナナ、バナナをたまに買うんですけど、蜂須賀家ではこれまで、常温で置いておくのが通例だったんですよね。

だいぶ前、傷んで安売りされていたバナナを買ったんですが、常温で置いておくとすぐダメになりそうだったんで、冷蔵庫に入れてみました。で、食べた。

傷んではいたものの、冷えたバナナはめっちゃ美味しかった!
バナナ、それからは常温じゃなく冷蔵庫で冷やしています。

蜂須賀家では常温で置いておくのが通例と書きましたが、皮をむいてラップに包んで、冷凍でカチカチに凍らせてアイス替りにしていた時もありました。

カチカチに凍らせても美味しいけど、めっちゃ硬くて食べづらい。

バナナは冷蔵がベスト!

東京で観測された北条投了

ゲームマーケット2017春では、関西の奇才:北条投了の動きも観測された。
ゲームマーケット当日はもちろん、ゲームマーケット終了後も観測された。

まるで商品であるかのように擬態している北条投了。

今まさに非常口から逃げ出さんとしている北条投了。


スーパーが提供するもの

先日、スクラッチを削ると3000円が当たった。200円のスクラッチを1枚買って3000円。とても嬉しい。

宝くじはスクラッチしか買わないと決めている。普通の宝くじだと、買ったことを忘れてしまう危険がある。すぐに削れるスクラッチの方が良い。また、宝くじを買うときは基本的に1枚しか買わない。1枚買っても10枚買っても、買った枚数に対しての当たる確率は変わらないからだ。

普段、食品の買い物は、マンションの1階に入っているマックスバリューと、自転車で7分程度のところにある業務スーパーを主に利用している。双方とも魅力的なスーパーで、どちらが良いかなんて甲乙つけがたい。

まず、業務スーパーの特徴から。建前は?業務用のスーパーということだが、一般のお客さんも歓迎のディスカウントスーパーである。全商品が平均的に安い。業務用ということで、まとまった容量の商品も多い。

業務スーパーでは、パスタ、パスタのソース、トマトジュース、ペットボトル飲料を購入することが多い。これらの食品は、業務スーパーでヘビロテ?している。時々、野菜も購入する。

マックスバリューは、業務スーパーに対して価格がやや高い(業務スーパーが安すぎるのだ)。しかし、住んでいるマンションの1階ということもあり、私的に立地は圧倒的に軍配があがる。アイスクリームが溶けないのだ!

さらに、生鮮食品の売れ残りは、基本的に最大で半額まで値下がる。肉が半額になるであろう時間、刺身が半額になるであろう時間、私はマックスバリューに通い詰めて、把握しているつもりだ。

「基本的に」と書いたのは、さらに値下がる場合がある。これまでの最大観測値では、お刺身が1パック100円だ! 売れ残りは凄いだろ! マックスバリューに通い詰めている私であるからこそ把握している観測値である。

さらにマックスバリューでは、毎週火曜・水曜は普段198円のミルクバーアイス10本入りが178円まで定期的に値下がる(2017年5月時点)。すごい! また、カップ入りアイスは、いつどのタイミングで値下がるか、行ってみないとわからない。これは通い詰めるよなっ!

で、あるとき、思った。ひょっとして、マックスバリューに手なずけられているんじゃないかと。もう少し行くのを遅らせれば、お刺身が100円になっているかもしれない…明日になったら、アイスが安くなっているかもしれない… ってな感じで。

ひょっとしたら、スーパーが提供しているのは食品じゃなく、業務スーパーは価格を提供していて、マックスバリューは、「ワクワク」を提供しているんじゃないかと思いますよ?
いやいや、おそらくそれは、客が私だから。

200円が3000円になって返って来たスクラッチだが、果たしてこれまで「1枚だけ」を何枚積み重ねているだろうか… おそらく、だいぶマイナスであることは想像にたやすい。スーパーでのお買い物も、かなりスーパーに軍配が上がっていると思われる。