ゆめいろたんけんたい

先日、太秦にできたプレイスペース「ゆめいろたんけんたい」に行きました。
ゆめいろたんけんたい:http://www.tanosiku.net/

ゆめいろたんけんたいは、自宅を改装して若いご夫婦が運営されています。
旦那さんは保育関係の方。子供連れで楽しめるボドゲプレイスペースがあっても良いんじゃないか いや、必要だ! ということで、ゆめいろたんけんたいを開かれているようです。

親子連れ向きのプレイスペースですが、コアゲーマー向けに、プエルトリコ や ふるよに もありました。どんな雰囲気のスペースか、一度、訪れてみては? ほかのプレイスペースとは異なり、独自性に富んでいます。

【2017年11月版】京都のボドゲプレイスペース

京都のボードゲームプレイスペースについて、前回まとめたのは6月。前回の記事と比べ、いくつかの店舗がなくなり、新たにいくつかの店舗が出来た。カフェミープルは好調なようで、京都を飛びだして、福岡天神に2号店を出した。

◆ぼどげかふぇ れもん(twitter
https://cafelemon.amebaownd.com/
東福寺にある喫茶店。月~土は通常の喫茶営業、日曜のみアナログゲームが遊べるゲーム喫茶営業。利用料金は30分ごとに250円。フリーパックは1500円(1ドリンク付)。

◆ゆめいろたんけんたい(twitter
http://www.tanosiku.net/
太秦で日曜祝日のみ営業。利用料金は大人500円、子供250円。絵本スペースとボードーゲームスペースがある。保育関係の方が運営されているとのこと。

◆COMEDY(twitter
http://comedy.hacca.jp/
山ノ内にある、おひとり様から遊べるボードゲームカフェ。美味しいコーヒーと手作りパンが人気。ゆるさと安さに定評とのこと。定休日は月・火。

◆BOARD&COFFEE(twitter
http://board-coffee.com/
一条寺にあるボードゲームカフェ。利用料金は90分ごとにドリンクやフードをワンオーダー。定休日は水曜日+不定休。

◆カフェミープル(twitter
http://cafemeeple.jp/
三条六角にあるボードゲームカフェ。京都のボードゲームカフェとして老舗なほう。カフェのメニューとしてはスムージーが人気だ。定休日は木曜日。最近、福岡に2号店ができた。

◆ATTIC(twitter
http://attic.kyoto.jp/
北山に位置するゲームカフェ。明るい空間は好印象が持てる。ボードゲームだけではなく、テレビゲームもプレイ出来る。 1時間500円(フリードリンク付)。月間パスは6000円。定休日は火曜日。

◆THE GAME(twitter
http://yasagure.designers.jp/the_game/
北区御園橋にあるゲームバー。バーなので、遅い時間帯の営業となる。ボードゲームだけではなくテレビゲームも遊べる。定休日は木曜日。アクセスには市バスが便利だ。

◆イエローサブマリン京都店(twitter
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-049.htm
全国の主要都市に店舗を構える、”黄色い潜水艦”の京都店。ゲームの販売がメインという印象が強いが、店舗のスペースでプレイもできる。入居しているビルの1階はラーメンの一蘭。

◆ブリックス(twitter
http://tcg-game-bricks.com/
西院にあるゲームショップ。阪急と嵐電で行きやすい。トレーディングカードがメインの店舗なようだが、ボードゲームやTRPGも頻繁にプレイされる。定休日は火曜日。

◆祇園ループサロン(twitter
http://gionloop.com/
祇園に位置する、プレイスペースというよりは、お酒を飲むお店。もちろんボードゲームもプレイできる。お酒を飲むお店だけあって、営業時間は夜から明朝まで。

京都でパンを食べるなら、進々堂のパンが美味しい!

進々堂は、お気に入りのパン屋さん。外出中、ちょっと小腹が空いたときや、ちょっと贅沢な気分になりたいとき、最寄りの進々堂でパンを買ってしまうことは、割とある。全ての種類を食べつくしたというわけではないけれど、「進々堂の棚には美味しいパンしか並んでいない」と、断言できる。

志津屋も美味しいけれど、地下鉄の駅に志津屋の店舗が多く見られるようになってからは、品質替わったかな? と思えてしまって、今は進々堂のウェイトが私の中で大きい。

進々堂や志津屋以外にも美味しいパン屋さんはあるんですよ? でも、それらを差し置いて、進々堂は抜きんでている。京都に観光に来られる人には、進々堂のパンを食べてみるのを、私はお勧めします。

エスカレーターの東西、観光客に侵略されゆく京都。

エスカレーターで歩く行為は、エスカレーターの寿命を縮めたり、事故に繋がったりするということで、最近、「エスカレーターで歩くのはダメ」というアナウンスがされ始めている。「歩かないのがエスカレーターのマナーです」という感じで。

これまでのエスカレーターのマナーは、片側が歩かない人、もう片側が歩く人、という流れを作ることだった。東京では左側に立って右側を開ける、大阪では右側に立って左側を開ける、という感じで。東と西で、左右が逆なのだ。

数カ月前にtwitterのフォロワーさんが「エスカレーターの東西の境界はどこ?」というツイートをされていたので、「京都は混在している」というリプを送った。しかし、改めて観察してみると、京都はひょっとしたら、エスカレーターに関して東京派なのかもしれない。

5年前、いや10年前の京都は、混在していたと思う。その時の場の状況に応じて右にも左にも立っていた。今もそうだ。だが、改めて意識してみると、現在は、左に立って右を歩くことの方が多いことに気づいた。また、場所によって左右の割合が異なることにも気づいた。

京都駅においては、ほとんどの場合、左側に立って右側を開ける東京乗り。北大路でも東京乗りをすることが多いのだが、右側に立って左側を開ける大阪乗りをする可能性が京都駅よりも若干高い。

「京都は混在している」とフォロワーさんに伝えたときに、「観光客が多いから混在しているのではないか」という仮説も伝えたが、観光客の比率の多い場所の方が東京乗りをする可能性がとても高いので、やはりこの仮説は正しいかもしれない。

【2017年6月版】京都のボドゲプレイスペース

京都のボードゲームが遊べるプレイスペースやカフェは他の都市に比べて少なめであったが、2017年は一気に増加した。プレイヤーにとっては嬉しいことだが、店舗運営者にとって2017年は、レッドオーシャン化の年となる。

◆カフェミープル
http://cafemeeple.jp/
京都随一の繁華街に位置するボードゲームカフェ。店主はアメリカ出身で、毎週金曜日の夜は英語でゲームをプレイする卓が設けられる。京都のボードゲームカフェとして老舗なほう。カフェのメニューとしてはスムージーが人気だ。定休日は木曜日。

◆ATTIC
http://attic.kyoto.jp/
2017年5月に営業を開始した、北山に位置するゲームカフェ。明るい空間は好印象が持てる。ボードゲームだけではなく、テレビゲームもプレイ出来る。最近、定額で遊び放題の月間パスを始めた。定休日は火曜日。

◆THE GAME
http://yasagure.designers.jp/the_game/
北区御園橋にあるゲームバー。バーなので、遅い時間帯の営業となる。ボードゲームだけではなくテレビゲームも遊べる。こちらにも定額遊び放題の月間パスがある。定休日は木曜日。アクセスには市バスが便利だ。

◆しゅぴるばーる
https://twitter.com/0fg490111111
毎週木曜日の夜に限り、出町柳で営業している。店舗というより、毎週イベントを開催しているという感じである。そのうち正式な店舗を構えるのが目標とのこと。若いお客さんが多い印象だ。

◆イエローサブマリン京都店
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-049.htm
全国の主要都市に店舗を構える、”黄色い潜水艦”の京都店。ゲームの販売がメインという印象が強いが、店舗のスペースでプレイもできる。京都随一の繁華街に位置するので、とても行きやすい。入居しているビルの1階はラーメンの一蘭。

◆ブリックス
http://tcg-game-bricks.com/
西院にあるゲームショップ。阪急と嵐電で行きやすい。トレーディングカードがメインの店舗なようだが、ボードゲームやTRPGも頻繁にプレイされる。定休日は火曜日。

◆祇園ループサロン
http://gionloop.com/
祇園に位置する、プレイスペースというよりは、お酒を飲むお店。もちろんボードゲームもプレイできる。お酒を飲むお店だけあって、営業時間は夜から明朝まで。

◆サンクチュアリ京都
https://sanctuarykyt.wixsite.com/main
四条大宮からすぐの位置にある。元々は福岡にあったお店だが、京都に移転されてきた。本格的なプレイスペースの営業は2018年1月から行う予定で、現在は仮の店舗。ミニチュアゲームがメインのようだが、ボードゲームも遊べる。

◆ほわいとてーる
http://bdgmfk.wixsite.com/index
福知山に位置する、京都府北部唯一のプレイスペース。京都府北部に住んでいるボドゲプレイヤーは、ぜひ訪れてほしい。ボードゲームがメインだが、TCGやTRPGもプレイできる。定休日は木曜日。

【準備中】comedy
https://twitter.com/cafe_come_dy
山ノ内に位置する店舗。現在は準備中だが、開店間近なようだ。アクセスは嵐電山ノ内駅下車か、地下鉄西大路御池駅下車か、市バスか。

【準備中】BOARD&COFFEE
https://twitter.com/board_coffee
一条寺で準備中の店舗。7月15日から段階的に営業していく予定のようだ。ラーメン激戦区の一条寺なだけに、遊びに行くついでにラーメンも食べたい。


【2017年11月版】京都のボドゲプレイスペース

京都で布を探すなら

2日後はゲームマーケット2017春だ。トイドロップも出展する。トイドロップのブースではこれまで、ブースの机に布を敷いたことがない。今回は布を購入したので、敷いてみようと思う。薄いピンクの布だ。安かった。

ノムラテーラーという店は以前から知っていたが、これまで利用したことはない。Twitterでつぶやいところ、ユザワヤという店も教えていただいた。さっそくヨドバシ地下のユザワヤに行ってみる。

ユザワヤに行ってみると、壁面に布が陳列してある。布の買い方がよくわからない。切り売り?なのか。店員さんに質問してみる。「催事で使う布を探しているんですが..」。若い店員さんの返答は、「催事って何ですか?」。うーん、話が嚙み合わない。

布屋という普段利用しないジャンルの店での噛み合わない会話に、店員さんの助けを断念した私は、しばらく売り場をうろうろする。すると、ワゴンの中に安売りしている布を発見。壁面の布は希望の長さを店員さんに切ってもらうようだが、ワゴンの布はすでに切ってある。しかも、700円代とお安い。色は薄いピンク。

薄いピンク色のブースなんて、ゲームマーケットではあまり見たことがない。ひょっとしたら目立つかもしれない。そもそも、ブースに布を敷くのは、ブースの見栄えを良くして、目立って、少しでも売り上げを増やす為にすることだ。これにしよう!

ユザワヤでピンクの布を購入したが、ノムラテーラーも気になっており、数日後、訪れてみた。ノムラテーラーを訪れてみた感想は、圧倒的に品揃えが良い!ユザワヤを凌駕している! 次、布を購入することがあったら、ノムラテーラーに行ってみようと思う。

ノムラテーラー
http://www.nomura-tailor.co.jp/

ユザワヤ
http://www.yuzawaya.co.jp/

伏見稲荷の本屋さん

子供の頃は伏見稲荷に住んでいた。家は稲荷山の中腹。ムカデ等の虫がめちゃくちゃ出てくる。山に住んでいたけれど、虫は苦手。今のマンションは上の方の階に住んでいるので、ほどんと虫は出ない。天国と地獄である。

伏見稲荷の本屋、昔は「十字屋」と「フシミ書房」があって、現存しているのは「フシミ書房」のみ。昔は今の倍の売り場面積があったが、今は売り場面積を縮小し、本を売るかたわら、TCGのカードショップとして営業されている。

たまたまtwitterでフシミ書房のアカウントを見つけ、「TCGやってるんだ。ひょっとしたらボードゲームも置いてくれるかな?」ということで、5月の始めくらいに営業に行き、トイドロップからゲームを仕入れることが可能な状態になっていただいた。

仕入れることが可能、といっても、ボードゲームのことはよくわからない。ボードゲームは種類が多いので、何を手掛かりにゲームを選んで良いのかわらないと思う。ということで、私物のナショナルエコノミーを今日、プレイ用に置かせてもらった。

TCGプレイヤーは、ある程度ゲームスキル?があるので、最初に出会うゲームとしてナショナルエコノミーあたりが丁度良いんじゃないか、と思うが、お店の人はルールを把握できるだろうか?「私が説明できないことには」ということで、ルールを読み込まれるとのことだったが、お店の人にとっても初めてのボードゲーム。ルールを理解できるか若干心配である。

と、いうことで、伏見稲荷近辺のボドゲプレイヤーさんは、フシミ書房さんに行ってみてください。ナショナルエコノミーが遊べるかもしれません←