話半分の星占いは楽しい

「占い師の言葉に振り回されてはいけない」と人に言ったことがあるけれど、占いは好きな方で、今日、「3年の星占い2018-2020 蠍座」という文庫本がAmazonから届き、一気に読み進めた。

星占いのこの手の本は、信じる/信じないは別として、読み物として面白い。雑誌などでよくある「今週のラッキーカラーは〇〇」等の浅そうな内容ではなく、ちゃんと世界観を語ってくれるところが良い。

上記の文庫本は蠍座の3年間について語っているが、鏡リュウジの「蠍座の君へ」は、ざっくりと「蠍座ってこうなんだよ」というのを詩的に語っており、時期に縛られることなく読める内容でおすすめ。

そういえばいつだったか、京橋の喫茶店で、
「11月1日生まれやで!」
「めっちゃ蠍座やな!」
という会話をしたっけ。

ゲームマーケット2017秋 注目作品

ゲームマーケット2017秋は、2017年12月2日から3日にかけて、ビックサイトで2日間にわたって開催されます。私(トイドロップ)も出展しますが、ここではトイドロップ以外のいくつかのゲームをピックアップします。

ダウトレイジ(両-B073 river games)
「命の砂時計」で評判高いriver gamesのゲムマ秋最新作。シキリトさんとバリィさん、交互に作品を出されているようで、今回はバリィさんの番。ヤクザ抗争ダウトゲーム。

グラギャモン(土-F024 ハッピーゲームズ)
ハッピーゲームズ色を前面に出し、バックギャモンを、マニアックに、そしてお洒落に仕上げたアイテム。バックギャモンは、世界中で遊ばれ、5000年の歴史を持つ。

CATAiN(土-F001 ワンナイト人狼)
「the-most-longest-unco」それは最も長いうんこ。誰よりも長いうんこ(ロンゲストうんこ)をしたプレイヤーが勝ち。ゲームの王様:カタンのパロディ。

ブタに神樹は癒されて。(両-B096 Tagami Games)
タガミゲームズは重ゲーも軽ゲーもリリースするサークルで、「ブタに神樹は癒されて。」は重ゲーの方。ルールがこちらに公開されている。作者本人が描くイラストは秀達。

ルターの宗教大改革(両-B057 聖書コレクション)
「宗教改革500周年ゲームコンテスト最優秀賞受賞作」ということで、ルターに因んだゲームを公募して、優秀だったこのゲームが、ゲムマ秋でリリースされる。

ぱんだBのふぉろーみー!!(土-H042 ぱんだB)
架空のSNS「ぱんだBetter」をテーマにした、ぱんだBさんの処女作。可愛らしいイラストには好感が持てる。「ぱんだBetter」はtwitterをイメージしていると思われる。

蟹手裏剣ヵニ(日-F017 ひなたのにほい.exe)
だらっくまさんが絶賛していた作品。夏のコミックマーケットで頒布されていた作品だが、ゲームマーケットでは初出。基本的には2人用ゲームだが、2個そろえることで4人まで遊べる。

眠らぬ金山:第二版(土-H097 推理ゲーム研究会)
私の「大宇宙すごろく」をプレイスペースに配っていた時期と「眠らぬ金山」が配られていた時期が被ったようで、いくつかのプレイスペースのtwitterには、二つ並んで撮られた写真がUPされている。眠らぬ金山は、5~10分の短時間ゲーム。

文絵のために(両-A002 ワンドロー)
ゲームの詳細は現時点では明らかにされていないのだが、ゲームマーケット公式サイトの広告が印象的だったので、ピックアップ。ラブレターのカナイセイジ作。

キツネと葡萄(土-F003 久遠堂)
久遠堂のゲムマ秋最新作。簡単ブラフパーティゲーム。イソップ童話が元ネタになっているようだ。プレイ人数は2~6人と幅広い。

デニッシュコロンが美味しくて

マンション下にあるマックスバリューで、少し前から、パンの島の目立つ位置で300円のデニッシュコロンが主張している。100円のパンが並ぶ島で、300円(300円なだけに量はお値段相当)はどんなお味なのかと気になっており、ついに購入。シンプルな甘さでとても美味しいパンでした。リピートしそう。

振り回されるくらいなら振り回す方がいい

ある人との会話で、「振り回されるくらいなら振り回す方がいい」と言ったことがあって、「でも、心底好いた人になら、振り回されてもいい」と、続けた。という感じのメモを、mixiの日記に記した記憶がありまして。

発音から音楽的にボドゲタイトルを捉える

ボードゲームを世の中に送り出す側にとって、ボードゲームのタイトルは、できるだけ瞬間的に受け手の脳裏に刻まれてほしい。多くの制作者は、言葉そのものの意味や印象からタイトルを考えるだろう。また、DTP作業者は、フォントや色・配置等を模索してくれるだろう。もちろん、それらは重要なこと。

ここでは、それらとは異なる方向からタイトルを捉える。
それは、「音」だ。

タイトルは、言葉でできている。言葉は、視覚ではなく聴覚で受け止めるものだ。小説等は文字だから視覚で読んでいるのではないか? と思う人は多いかもしれないが、小説を読む際、多くの場合、脳内で言葉を発しながら読んでいる。耳から情報を入れているわけではないが、文字を読む際、人は、視覚から入れて聴覚で受け止める。言葉で構成されるタイトルは、聴覚で音声として受け止められる(生まれながらにして音を認識できない人は例外)。

話は飛ぶが、音楽は、「メロディ」「リズム」「ハーモニー」で構成されている。そのうち「ハーモニー」は、基本的には「明るい」と「暗い」しかない。日本語の発音を母音と子音に分解した場合、この記事において母音は、ハーモニーに当たるとしてみよう。

a:明るい印象
i:明るい印象
u:暗い印象
e:明暗の中間
o:暗い印象

(邦楽では、明るい印象を持ち、なおかつ発声しやすい「a」を歌詞のサビの頭に持ってくるのは、全てがそのようではないが、常套的だ。)

母音がハーモニーに当たるのに対して、子音はリズムに当たるとしてみよう。子音のリズムは、タイミングのリズムというより、発音的なリズムだ。濁音や半濁音は、とりわけ印象的なリズムを刻んでくれるだろう。また、子音というわけではないが、小さい「っ」等もリズムの形成に貢献してくれるだろう。

ではメロディに当たるのは何だろう。音楽のメロディは、リズムもハーモニーも含んでいる。音程が切り替わるタイミングでリズムを刻んでいるし、音程が変わっていくということは、分散和音を発しているということになる。タイトルにおけるメロディは、タイトルを発音した時の発音そのものが、相当すると言える。

明暗の対比や子音の反復などを駆使して「メロディ」「リズム」「ハーモニー」を工夫し、また、言葉の意味も織り込んで、受け手の脳裏に印象付けることができれば、良いタイトルだ。受け手が脳内で発声した時に、瞬間的に深く刻まれれば良いタイトル。

あとは、ゲームが面白くて検索に引っ掛かりやすければ。

MIDIシロフォン

MIDIの入力はMIDIキーボードを使うのが一般的だが、シロフォン型のMIDIコントローラーがあるらしい。

こんなものがあるとは知らなかった。上記の店舗に入荷したのは中古。10万円以上する。
私が音楽制作の世界線を走っているとするなら、興味をそそられて仕方ないアイテムだろうと思う。しかし、たぶん購入しない。これを購入する人は、とても限られる。

溝が及ぼしてしまった余波

私と若狭湾との間には鳥時代からの溝があり、twitterにおいてブロック関係にあった。

ギャンブラーによって盤上遊戯制作者のtwitterグループが営まれていたのだが、数カ月前に満ちたため、活性的な参加者のみ、二代目のtwitterグループに移ることとなった。満ちたtwitterグループには若狭湾は含まれていなかったのだが、ギャンブラーによって二代目の参加者のひとりとして若狭湾が招かれたため、若狭湾とブロック関係にあった私は、二代目から弾かれてしまった。

ギャンブラーは、ブロック関係にある者同士がグループで共存できない掟を知らなかったのだろうか、実験的にダミーの二代目を創造し、ダミーにおいては私を格納できることを確認した。しかし、ダミーは所詮、ダミーである。ギャンブラーは、他の活性的な先代からの参加者を二代目にすし詰めにし、ダミーを放置して、二代目のみを運用する事にした。

他方、私は盤上遊戯制作者のひとりである警部をグループに誘っていた。ギャンブラーは、私を弾いた二代目に警部を格納するのをためらった。ギャンブラーは悩んだ末、私が格納されているダミーの方に警部をすし詰めにしてしまった。即ち、私と若狭湾との間にある溝が余波として警部に押し寄せ、その結果、警部は盤上遊戯制作者のグループに合流することが出来なくなったのだ。これは、不運な流れ弾である。

昨日、私とギャンブラーとの糸電話により、上記の一連の流れが明らかになった。私は、若狭湾に対するブロックを一時的に解くことにした。若狭湾から私に仕掛けられていたブロックはすでに解除済であったので、私はギャンブラーによって二代目の中に押し込まれた。もし、警部の意向が「よろしい」であるなら、私は警部を二代目に格納しようと思うのだが、警部の意向はどのようだろうか?


2017.9.29 10:10 追記
この投稿をはやとちりしたギャンブラーは私をブロックし、私はギャンブラーによって二代目から排他されてしまいました。

紛らわしい投稿

そんな、まさかな と、あまりに浅知恵な行いにこれまで閉口していましたが、人間とはわからぬもの、あのようなことをされて、こちらが引っ込み続けなければいけない道理はありません。
狭い業界で彼は現在、矮小ながら持ち上げられている人物ではあります。
これからは事あるたびに陰口を叩き、もし彼に纏わる不祥事的な何かが明るみになるような事があれば、乗じて、社会的なトドメを刺しにいくかのようなプレイングをしなければいけないのかなと思うと、残念です。

下に、現在制作中の「その男、班文虎」のルール文の一部を引用します。おそらく来年のタイトルになると思われます。

そんな、まさか、万が一にもありえないと思いますが、人間とはわからぬもの、ひょっとすると兄者自らの取り分を多くしたのかもしれません。このまま放っておいては闇の中、心を鬼にして弾劾の声を上げる必要もあります。

私がこれまでのボードゲーム制作で利用してきた印刷業者

ボードゲーム専門の印刷業者は、これまで利用したことがありません(見積を専門の業者にお願いしたことはあります)。下記に、これまでに私が利用してきた業者を掲載します。専門の業者さんではないので、“部材を調達して手作業で完成させる”という人向けです。

アドプリント
私がこれまでに制作したゲームのカードは、ほとんどアドプリント製のカードです。シール類でも利用させていただいています。アドプリントさんは、ボドゲ制作に大活躍です。

グラフィック
「マイクロネシア」のパッケージは、グラフィックさんの組箱を利用しました。発色良いです。

イロドリ
パッケージとルールの印刷で大活躍です。パッケージは、ブランクの箱にイロドリさんでの印刷物をスプレーのりで貼り付けているものがほとんどです。

プリントパック
非定型サイズの印刷に重宝しています。「マイクロネシア」の正方形のカードや、「松永久秀トリック」の押し武将カードは、プリントパック製です。

ファインワークス
「カツカレー喰ってる場合か!?」のチキンダイスゲームズ版のパッケージで利用させていただきました。ブランクの箱に、ファインワークスさんでの印刷物をスプレーのりで貼り付けました。

マヒトデザイン
「カツカレー喰ってる場合か!?」のチキンダイスゲームズ版のカードで利用させていただきました。


★追記
印刷業者としての利用ではないのですが、ブランクチップを萬印堂さんで購入したこともあります。ボドゲ専門の印刷業者さんを利用していました(?)

はちみつ100%のキャンディ

先日、トイドロップは、サザンクロスゲームズと共に東京ボードゲームコレクション2017に出展しました。

東京ボードゲームコレクション
http://boardgame.co.jp/

新作「チョコレートシーフ」の単価が低く、事前の宣伝があまりできていない影響で、予測よりも少なめの動きで という感じで、トイドロップの売上金額は低めでした。ほらボドのインタビューでは ふつー と言ったけれど。

イベントの雰囲気は良い感じでした。
向かいのブースのJUGAME STUDIOさんを「今、勢いあるなー」と、眺めていました。ほとんどのサークルはゲームマーケットに合わせて新作を出す中、JUGAME STUDIOさんは東京ボードゲームコレクションに合わせて新作を出してくるサークルさんです。ビジュアルが美しくてシステムとテーマの融合が良い感じのゲームを繰り出してくるサークルさんだなと思います。

今回の東京ボードゲームコレクションへの関西からのサークル参加は、トイドロップ・サザンクロスゲームズと、こっち屋さん、グランドアゲームズさんくらいでしょうか。サークルとしては参加していないけれど、数寄ゲームズさんから、かぶけんさんの「コプラス」が頒布されていました。Twitterを見ていると、けっこう売れている様子で、評判良いですね。あと、タンサン朝戸さんがステージにおられたようですね。


この記事のタイトル、はちみつ100%のキャンディ。ブースの助っ人のまっちょさんが持ち込んでくれて、助っ人のササリさんと私は、はじめてこの飴を口にし、旨い! って、いたく感動しました。助っ人のだらくまさんは、この飴を職場に常備しているとのことです。めちゃくちゃ美味しいので、この飴はどんどん世の中に波及されるべきだ。

はちみつ100%のキャンデー
http://www.senjakuame.co.jp/product/2011/10/100.html


イベント終了後、こっち屋さんとriver gamesシキリトさんを誘って、ファミレスで打ち上げしました。浅草民の助っ人サガミハラさんがいなければ、席が空いているお店を見つけることができなかったでしょう。時間が迫っているまっちょさん、みずきさん、まっちゃんは、一足早くファミレスを後に。特にまっちゃんは信州から来てくれているので、ありがたやです。

帰りは、サザンクロスN2さんと新幹線で帰りました。こっち屋のゆおさんは夜行バス。