【2018年9月版】京都のボドゲプレイスペース

2018年9月現在、京都でマンスリーパスのある店舗は、「ゲームバー京都」と「ATTIC」の2店舗。ボードゲームをひたすら遊びたくなったら、マンスリーパスを活用して節約したい。

◆BAR DOTs(twitter
https://bardots.shopinfo.jp/
ボードゲームが出来る飲みのお店。カクテルをシャカシャカ振ってくれる。ボードゲームの種類はあまり多くない。

◆キウイゲームズ(twitter
京都丸井にキウイゲームズが出店。店の方針として、ゲームのインストは一切してくれない。

◆BRESPI(twitter
http://brespi.jp/
ボードゲームとクラフトビールのお店。カタンをイメージした壁は一度見ておくべき。

◆ゲームバー京都(twitter
http://kyoto.gamebar.tokyo/
ボードゲームとカラオケのお店。googleMap上のイタズラで、墓地と表記されたことがある等、今後も多くの伝説を生み出すであろうことが期待される。マンスリーパスあり。

◆ぼどげかふぇ れもん(twitter
https://cafelemon.amebaownd.com/
日曜だけ開店しているボドゲカフェ。それ以外の曜日は、普通の喫茶店として営業している。

◆ゆめいろたんけんたい(twitter
http://www.tanosiku.net/
絵本とボードゲームのお店。保育関係の方が運営されており、幼い子供がいる方は、家族サービスに利用されては如何でしょう?

◆COMEDY(twitter
http://comedy.hacca.jp/
隠れ家的ボドゲカフェ。このお店で出されるバーガーは格別に美味しい。ボードゲームの種類は京都随一。

◆カフェミープル(twitter
http://cafemeeple.jp/
三条六角にあるボドゲカフェ、京都のボドゲカフェとして老舗なほう。

◆ATTIC(twitter
http://attic.kyoto.jp/
ボードゲームとPCゲームが遊べる。ここに通うならマンスリーパスを使いたい。

◆イエローサブマリン京都店(twitter
http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-049.htmプレイスペースとしても機能している。以前はトレカメインの店構えだったが、今はボドゲの比重が高まっている。

◆ブリックス(twitter
http://tcg-game-bricks.com/
京都のボドゲショップとして、実は老舗なほう。

◆祇園ループサロン(twitter
http://gionloop.com/
祇園にある、ボードゲームがプレイできる飲みのお店。

神戸市役所の展望ロビー(無料)

思い立って、神戸に行ってきました。
お目当ては、無料で入場できる神戸市役所の展望ロビー

全国各地の道の駅や観光案内所、宿泊施設に設置してある観光パンフレットを取り寄せできるサービス『みんたび』

展望ロビーからの夜景も観てみたかったので、夜になるまで市街を散策。元町まで歩いて南京町をウィンドウショッピング?した後、メリケンパークへ。

丁度良い暗さになったので、神戸市役所に戻る。

ヘクスインゲームズにウォーゲームデーが新設された。

福井県敦賀市のボードゲームプレイスペース:ヘクスインゲームズには「○○デー」という、対象の〇〇が半額になるお得な日が毎月設定されているのですが、最近。新たに「ウォーゲームデー」なるものが設定された様子です。

ウォーゲームデーとは、毎月第2土曜・日曜にウォーゲームをプレイすると、プレイ料金が半額になるという、店主の趣味全開な試みです。元々この日はシニアデーだったのですが、あまりにシニアさん達が来ないということで、ウォーゲームデーに切り替えられました。

ヘクスインゲームズは、日本で最もウォーゲームが充実しているプレイスペースです。ウォーゲームデーは、お店の特徴が活かされていて良いのではないでしょうか。