Photoshopで線画の線にグラデーションをかける方法

画像編集に関して序の口レベルの私が投稿する内容ではないかもしれませんが、数日前twitterでやりとりした画像編集の方法を此処にメモしときます。

フォトショップで線画の線にグラデーションをかける

1.「色調補正」から「2階調化」を選んで、白黒にキッパリ別ける。
2.「選択範囲」の「色域指定」で背景?の白い部分を選択する。
3.「選択範囲」の「選択範囲の反転」で選択範囲を黒い線の部分に反転させる。
4.「グラデーションツール」で選択範囲に任意の色のグラデーションをかける。

before

after

GIMPでのやり方は。。。知らない(笑)

写真から配色を採る

配色に悩んだ時、場合によって使えるかもしれない方法は、写真から色を採取する方法。邪道かもしれない。画像編集ソフトのスポイトツールで「ココとココとココ」という感じで色を採る。

採取する場所はある程度選ばねばならないが、選んで採取してもそのままでは使えそうにない場合、色合いをざっくり変える。

世の中には、この方法で作品を作っている人もいるようだ。作品作りにあたって、写真の色合いを調整してからされているとのこと。

カラーチャートにはお世話になりました。

私は色に関して専門的に学んだわけではないので、WEBサイトを作る際は、配色の見本を参考にしていた。今は若干なりに色の知識などを得ているので、あまり参考にしていない。

最も参考にしていたのはこちら、WEBセーフカラーのカラーチャート。一時期は自宅用と職場用、2冊持っていた。


Webカラーコーディネート―セーフカラーによる配色完全ガイド/「カラーイメージチャート」準拠

和風のカラーチャートも購入したが、RGB(16進数)の記載がなかったので、WEBサイト制作時にはあまり活用しなかった。


和風カラーチャート

上記2冊は古い書籍となってしまった。著者の南雲氏による現行のカラーチャートはこちらのようだ。


新版 カラーイメージチャート

書籍ではなくともインターネットで簡単に配色の見本を得ることができるが、これらの書籍は色のみならず、キーワードとの組み合わせで配色が紹介されており、ページをぱらぱらめくるだけで新たな発見が得られる。